会社概要 資料請求 プライバシーポリシー LINKS






【蓄熱】




床コンクリートの蓄熱で室温が安定


蓄熱効果のあるコンクリートを構造体としているエコワンハウス。壁は外内両断熱をし、床コンクリートを断熱しないことで、床・天井全体に室温を吸収させ「ペチカ」のように蓄熱させます。暖房のない場所にも熱が行き届き、最小限の暖房機器で家全体を適温にキープできます。外気温が−25℃の真冬に、2週間連続で暖房を停止させても床は8℃をキープします。ですが、一般的な建物ですと朝暖房を切って夕方帰宅するとすでに外気温に近くなっています。この温度が冷めにくく、外気温に影響されにくいことが一番の特徴です。コンクリートは常に一定温度ですので、夏期でも同じく室内は涼しく保たれます。




構造別浴室床温度状況
鉄骨造 築8年 木造 築15年
エコワンハウス 新築
床温度13〜15℃ 床温度11〜13℃ 床温度18〜21℃
※2004年3月19日〜22日自社測定データー/全て1階浴室
このサーモグラフのようにエコワンハウスは足先が冷えない。それは常に体が触れている床が、床暖が入っているかのように暖かいので、真冬でも素足生活を送ることができ、室内上下の温度差が無くなり「冷え性・ぜんそく・ヒートショック・結露」を起こしずらくなります。








椛石組
〒078-8368 北海道旭川市東旭川町旭正362番地 TEL:0166-38-8011 FAX:0166-32-4261